髪の白い部分についてどう接していきますか?…豊中の美容室 サロンド ベル

2019.09.22

白髪=マイナスなイメージにとらわれる方が多いのですが、

言い方にも問題があると思うので『白髪』というワードは

使わないようにしてます。

言い方ひとつで変化することってあると思うので。

そこで最近は染まり上がりを気にするようにしてます。

 

少しでも残っていると次に染めるまでに気になるのがはやくなりますし、

そこをしっかり見極めれないとクオリティーを維持できないあります。

明るめがいいとか暗めがいいとか赤味が出ないほうがいいとかありますので

そういったところもこだわれなくなります。

気になってるけどなかなか言い出せない方はご相談ください。

 

悩みを解決するのに検証しますので。

関連記事

  •   今、白髪で悩まれている方は本当に多いです。 そんな中オシャレに染めたいけど染めてない、染めれてない 方が多いです。 けれど、一つのことをするだけでオシャレにすることができます。 暗くしかならないので変化がないカラーになるのであって、 明るい部分をつくるだけで変化はでてオシャレにみえるようになります。 つまりハイライトというカラーの施術をするだけでいいのです。 色味を気

    続きを読む

  • 白髪でお悩みの方にはぜひ見ていただきたい! 白髪を染めると黒くなるとか遊べないとか色々ありますが そんなことはないですよ! ところどころ明るい部分を作ることで 色のコントラストができますので変化のあるカラーを 楽しめます。 あとは白髪の割合とかもありますが淡いカラー をしたい方は白髪を無視して明るく染めることで 白髪も気になりにくいカラーができて遊びのある カラーができます!

    続きを読む

  • こんにちは^^ 季節が変わると「ヘアスタイル」にも 変化を求める方が多いように感じます。   ロングをキープされている方は長さを切るには 一大決心がいるので、 そんな方はカラーチェンジがオススメです。   先日ご来店頂いたロングが綺麗なお客様。 前回アッシュベースにハイライト・ローライトで スタイルに立体感や動きをプラ

    続きを読む