髪の白い部分についてどう接していきますか?…豊中の美容室 サロンド ベル

2019.09.22

白髪=マイナスなイメージにとらわれる方が多いのですが、

言い方にも問題があると思うので『白髪』というワードは

使わないようにしてます。

言い方ひとつで変化することってあると思うので。

そこで最近は染まり上がりを気にするようにしてます。

 

少しでも残っていると次に染めるまでに気になるのがはやくなりますし、

そこをしっかり見極めれないとクオリティーを維持できないあります。

明るめがいいとか暗めがいいとか赤味が出ないほうがいいとかありますので

そういったところもこだわれなくなります。

気になってるけどなかなか言い出せない方はご相談ください。

 

悩みを解決するのに検証しますので。

関連記事

  • こんにちは^^ 季節が変わると「ヘアスタイル」にも 変化を求める方が多いように感じます。   ロングをキープされている方は長さを切るには 一大決心がいるので、 そんな方はカラーチェンジがオススメです。   先日ご来店頂いたロングが綺麗なお客様。 前回アッシュベースにハイライト・ローライトで スタイルに立体感や動きをプラ

    続きを読む

  • 普通に白髪を染めるだけだといつもワンパターンで面白くない。 色味を変えるにしても思った感じにならなったりして もっとわかりやすい変化が欲しいという方にはオススメのやり方です。 スタイル、イメージ、見せ方によってハイライトの入れる方を変えるので VハイライトとかIハイライトといったやり方があるので気になる方は 質問いただければお応えしますのでお問合せ下さい。

    続きを読む

  • カラーで大切にされてることはなんですか? 白髪が染まることですか?明るくすることですか?色味ですか? そういって事も大切とは思います。 ただ最近は髪色に合わせて色を決めるというより肌に合わせて調合を していくことが多いです。 そうしている方が退色していった時、帰って鏡を見た時に全然違うのです。 今カラーの色味よりも印象、肌に合わせたカラーをお求めの方はぜひ一度

    続きを読む